既卒 第二新卒 就活

メールでお知らせ機能は本当に役に立ちました

[20代/女性/サービス業/事務職]の就活体験談
・利用した転職エージェント:ハタラクティブジェイックリクナビマイナビなど

 

もともと幼いころからアパレル業界につきたと思っていた私は、高校卒業後になんの迷いもなく服飾専門学校に進学し、ファッションデザインを学んでいました。ですが1年目が経ったころに周りとの能力の差を感じて退学。

 

そこから私の就職の道が始まりました。

 

高卒でもアルバイトから将来的に社員にしてくれる制度のアパレル会社を探し、準社員として販売職に就きました。仕事は主に店頭での販売が主で通勤に片道1時間30分かけ仕事に行っていました。

 

初めての社会人経験でしたので大変ながらも楽しくやっていましたが、入社して1年半が経ったころから、私の入った会社では普段の店頭で着用する分はもちろん社割で購入しますが、売り上げノルマがあり、それに足りない場合は社販で買った分を足すということもあり、金銭的に全く見合わないなと思い転職を決めました。

 

ここで初めての転職となります。

 

ですが、この時はまだ若かったこともあり”転職サイト”を使うという概念がなくアパレル業界の求人サイトから条件に合うものを選び、2社ほど応募し運よく1社に合格し就職をしました。

 

1年半ですぐ前の会社を辞めてしまい、根性がないかと思われるかなと思っていた私には、特別苦労もなくスムーズに決まったので拍子抜けしてしまいましたが、その理由はすぐ入社して3週間もしてすぐに判明しました。

 

そうです、いわゆるブラック企業だったのです。

 

本社勤務だったはずが当日にはすぐに工場へ行かされ、ラインで検品をすることになり、翌日からも工場での箱詰めと検品の日々がずっと続き、就業時間は関係なしでタイムカードもありませんでした。

 

それでも3か月は頑張ってみようとやってみましたが、残業代は出ず、面接時の内容とは話が全然違く、私はすぐに転職を考えました。

 

専門学校を中退していることに加え2回目の転職になるため、新卒向けの求人はなかなかなく、ここで初めて転職サイトなるものを利用しました。

 

ネットでの履歴書はもちろんですが、職務経歴書も一緒に登録ができるので、自分の職務経歴を知ったうえでの求人ができるのはとても便利でした。

 

それから、どれも同じだと思っていた転職サイトですが、自分が次に就きたいと思った業種の求人は片寄りがあり、あるサイトは10社ぐらいあって、あるサイトには全くなかったりしてこの差が興味深かったです。

 

また、そこでのキーワード登録で、求人を再開したり関連会社が求人を募集した場合のメールでお知らせ機能は本当に役に立ちました。

 

私が就きたい職種はなかなか募集がなく、あってもすぐに埋まってしまうので、この機能のおかげで逃さずに応募ができ、いまの会社に無事就職することができました。

 

ただやはり「その若さでなんで2度も転職を?」と聞かれましたので、転職経験は少ない方が周りは安心するんじゃないかと思います。

 

両親も今の会社で安定して欲しいと願っているみたいですので、このまま3度目がないように頑張っていきたいです。