既卒 第二新卒 就活

就活エージェントなら非公開求人を紹介してもらえる

既卒 就活事情,第二新卒 就活事情

 

転職エージェントを活用することで得られるメリットの1つに、「非公開求人を紹介してもらえる」ということがあります。

 

非公開求人とは、その名の通り一般的な求人サイトには掲載されていない(=非公開の)求人なのですが、ここではこれらの求人がなぜ非公開なのかを紐解くことで、非公開求人の特徴について説明したいと思います。

既卒・第二新卒に非公開求人があまり知られていない3つの理由

良質な求人は知る人ぞ知る

非公開の理由はさまざまあるのですが、多くのケースに当てはまるのは「公開すると応募が殺到して捌ききれないから」というものです。

 

特に人気企業や大企業の場合、下手に公開すると数千人単位の応募が来ることもあるそうで、そんな数は人事ではとても捌ききれないため、転職エージェントに依頼して1段階目のフィルターをかけてもらうのです。

 

このことから分かるのは、「非公開求人には公開すれば大人気になってしまうような良い求人が多い」ということと、「良い非公開求人を紹介してもらうには、転職エージェントに自分が優秀だとアピールする必要がある」ということです。

 

会社の内部情報に関わるハイキャリア求人

二つ目の理由として、会社の内部情報をもらさないようにするためというものがあります。

 

これは大きく分けると2パターンで、ひとつは「特定の事業やプロジェクトのために専門性の高い人材が欲しい」というようなケース、もうひとつは「重要なポジションの人材(概ねハイキャリア人材)が退社するために後任の人材が欲しい」というようなケースです。

 

前者のような場合に、「〇〇の経験があり、××の資格を持っている人」という求人を公開してしまうと、社内で進めているプロジェクトの内容がライバル企業などに類推される可能性があります。また、後者のような求人を公開したりすると、重要なポジションの人間が抜けることが社内外に広まってしまいます。したがって、こういったケースでの求人は非公開にして極秘に採用を進めることになります。

 

このことから分かるのは、「非公開求人には、高い専門性が求められる職種や重要なポジションの仕事など、いわゆるハイキャリアの求人が存在する」ということです。むしろ、ハイキャリアの求人などは非公開求人以外で目にすることはほとんどないでしょう。

 

急募求人は採用までが早い

最後の理由は、急募のため求人サイトに載せる間もなく採用したいというケースです。

 

特に大手の転職エージェントなどを利用すれば一般的な求人サイトに載せるよりも早く採用することができるため、本当に急募の求人情報などは大手のエージェント各社に依頼され、短期間で一気に採用するという募集の仕方をする場合もあります。

 

このことから分かるのは、「非公開求人には急募の求人(=つまり採用されやすい)が存在する」ということと、「急募の求人は主に大手の転職エージェントにしか存在しないことがある」ということです。

 

なお、このように人気の職種だったり、ハイキャリア求人であったり、急募の求人があるなど魅力的な非公開求人ですが、ひとつ気を付けなければいけないことがあります。それは、非公開求人といってもそのすべてが特定の転職エージェントしか持っていないような限定モノではないということです。

 

「非公開」というと特定の転職エージェント以外では情報が手に入らなそうな印象も受けますが、大抵は他のエージェントでも扱っているものですし、場合によっては募集企業の採用ページには掲載されていたりすることもあります。

 

転職エージェントの謳い文句には「保持している求人の〇〇%が非公開求人です!」みたいなものがありますが、その言葉に変にプレミアム感を感じる必要はありません。

 

ちなみに、転職市場に出回っている求人の大部分が実はいわゆる“非公開求人”なのです。

 

複数に無料登録して就職率を大幅アップ!

type転職エージェントtype転職エージェント

マイナビエージェントマイナビエージェン

パソナキャリアパソナキャリア

※ニート・フリーターの方が就職を成功させるコツは特定の就職サイトにこだわるのではなく、複数の就職支援サイトに登録して可能性を広げることです。すべて無料で登録することができます。